事業融資を東京で受けたい!自営業でも審査に通る?

事業融資を東京で受けたいというときは、消費者金融や信販会社などのノンバンク系のビジネスローンがおすすめです。メガバンクや都市銀行は大手企業や優良企業を対象に融資をしている傾向があります。そもそも、銀行のビジネスローンは法人のみを対象としており、自営業の人は対象外であることも多いです。 信用金庫の場合には借りられる可能性があります。ノンバンクは金利が高いから避けたいという個人事業主の人は、信用金庫を検討してみましょう。基本的には、事業者ローンは事業実績がないと借りることは難しいですが、信用金庫では相談をすることで開業資金を借りられる可能性もあります。地方銀行よりもさらに地域密着型の金融機関が、信用金庫ですので、個人事業主や小さな会社を経営している人は選択肢に入りやすいでしょう。

審査のポイントは?赤字だと通らない?

東京で事業融資を受けるとき、基本的には赤字経営では審査に通りません。例外的に、税金対策で収入を少なめに見積もっているが、実際には黒字であるというケースなら可能性があります。 事業年数は最低でも1年はほしいところでしょう。ノンバンク系なら自営業の人でも審査に通る可能性がありますが、最低でも1年は事業を継続して、毎月安定して収入を得られているということを証明できる必要があります。 自営業の人は個人の属性が重要になります。過去の個人向けクレジットカードやカードローンの利用実績なども影響してきますので、延滞などには気をつけておきましょう。安定した収入が得られていても信用情報が原因で審査落ちしてしまう人もたくさんいます。個人で借りているカードローンや自動車ローンなども完済しておくことが望ましいです。

銀行と比べたときのノンバンク系のメリットとは?

銀行のビジネスローンのほうが好条件となっていることが多いですが、貸金業法が改正された影響などでノンバンク系のビジネスローンもそれほど高額な利息をとられるというわけではなくなってきています。それでも、やはり金利で比較をすると銀行のほうが優遇されています。 ノンバンク系のメリットとしては、銀行に比べて審査のスピードが速いことがあげられます。無担保・無保証で借りられることも審査のスピードに関係しているようです。担保の評価なども必要がないため、申込みから融資まで2日~1週間くらいとなるようです。もちろん、ノンバンク系でも有担保型のビジネスローンはあるので、ケースバイケースです。用意する書類も少なめであり、少額のお金を手軽に借りるなら、ノンバンク系のほうがおすすめです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加