東京で事業融資は中小企業でも可能なのか?

事業融資を東京で受けるとき、中小企業は不利になります。メガバンクは大企業を主要な取引相手としているからです。優良企業ならばメガバンクから事業者ローンを借りられる可能性もありますが、審査は厳しいでしょう。 選択肢としては、地方銀行や信用金庫の事業者向けローンがあがります。地方銀行はその地域に住んでいる人や会社に対して主に融資をしています。信用金庫は地方銀行よりもさらに地域に密着した金融機関となるようです。そのため、小さな会社の経営者でも融資をしてもらえる可能性があります。審査の内容が甘いというわけではないという点には注意が必要です。あくまで、小さな会社でも融資を検討してもらえる可能性があるということになります。銀行系は金利が低いので、ノンバンク系よりは審査は厳しい傾向です。

ノンバンク系のほうがよいケースとは?

中小企業が東京で事業融資を受けるとき、基本的には金利が低い銀行系がおすすめです。しかし、ノンバンク系のほうがよいケースもあります。ノンバンク系は銀行に比べて金利が高いということがデメリットです。また、長く付き合いを続けていくならやはり銀行のほうが安心できます。 しかし、それ以外の点ではノンバンク系のほうが優れているようです。連帯保証人は不要、土地や建物などの担保も不要で借りられます。さらに、審査にかかるスピードもノンバンク系のほうが優れているようです。ケースバイケースですが、はやければ申込みから2日くらいで融資が実行されるようです。その日のうちに審査の結果が出るということもあります。銀行のビジネスローンではたくさんの書類が必要になりますが、ノンバンク系なら書類も少なめですみます。

個人事業主ならノンバンク系しか選択肢がない?

銀行のビジネスローンは基本的に法人が対象です。個人事業主の人が融資を受けたい場合には、難しいでしょう。個人事業主をやっていて、2年くらい営業していたら利益が1,000万円を超えたので法人を設立するというケースなどでは、可能性はあります。 ノンバンク系のビジネスローンのメリットとして、個人事業主も対象にしているということがあげられます。事業年数とは、事業を始めてからの年数のことを指します。それに対して、設立年数とは会社を設立してからの年数です。ローン審査ではどちらも重要になりますが、設立年数が短くても事業年数が長ければ審査に通る可能性は上がるでしょう。個人事業主として事業を3年やっていて、法人を設立してから1年というケースでも可能性はあります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加